食に関する代表的な2つの職業【調理師免許は高校で取得しよう】

食に関する仕事がしたい

飲食に関する仕事は数多く存在します。数ある仕事の中から代表的な職業をピックアップしましたので、今後の参考になると幸いです。

飲食業に就きたいなら調理専門の学校に通おう【高校からでも学べる】

調理

調理師

食に関する仕事として代表的な職業が調理師です。一口に調理師と言っても様々な施設で働くことができます。カフェやレストラン、ホテルや給食センターなど料理を提供する施設は数多くありますので就職先の選択肢の幅は広いです。調理師になるためには辻調理師専門学校などの専門学校に通ったり、調理に関する高校に通ったりなどの方法があります。調理専門の高校は早い段階から料理に関する教育を受けることができるというメリットがあります。

フードコーディネーター

食事を楽しむための方法であったり、食事に関する環境の提案をしたりする職業です。主に料理教室の講師や食品メーカーの商品開発などの仕事をしています。世に出ているフードコーディネーターは自身の得意分野をうまく活用して、色々な業界で活躍しています。

最近人気になりつつある職業

食に関する仕事として近年人気上昇中なのがカフェオーナーです。カフェの経営に興味がある方のためにカフェを開業するためにはどのようなことが必要なのかまとめました。進学して、将来独立を目指している学生はチェックしておきましょう。

カフェを開業するために必要なもの

経営の知識

カフェを開業するためには経営の知識が必要不可欠です。この知識がないとカフェをオープンしたとしても赤字になる可能性が非常に高いでしょう。独学で学ぶには限界がありますので専門学校に通うとよいでしょう。

資格

調理師免許か食品衛生責任者の資格は必ず必要です。その理由はカフェを開業するためには保健所に営業許可の申請を出す必要があるのですが、この届出には調理師免許か食品衛生責任者の資格を所持している証明書を提出する必要があるためです。

資金

家賃や備品購入代など、開業時には様々な費用が発生します。店舗の規模などによって必要な開業資金に幅がありますが、目安としては約800万円です。自力で用意するのが難しいのであれば銀行に融資を依頼する方法もあります。

店舗

カフェを開業するわけですので当然店舗が必要です。どのような客層の来店が見込めるのか、出店したいエリアのリサーチをしましょう。カフェの内装についてですが、事前にコンセプトを決めてから、コンセプトにマッチした雰囲気作りをすると失敗しないでしょう。

カフェと喫茶店の違い

カフェ

カフェを開業するためには飲食店営業の許可が必要になります。またアルコールの提供が可能であり、レストランと同じような調理した料理の提供もできます。

喫茶店

喫茶店の営業にも、喫茶店営業の許可が必要不可欠です。カフェとは違いアルコールの提供ができません。また料理メニューは簡単な軽食であれば提供することが可能です。

[PR]カフェ専門学校まとめ
ビジネススキルが学べる!

[PR]調理の技術が学べる高校を紹介!
夢を実現させる近道☆

[PR]フードコーディネーターの資格を取ろう
必要な知識をしっかり習得

[PR]辻調理師専門学校の特色をリサーチ☆
希望に沿った進学先を見つけよう♪

広告募集中